音楽業界攻略法


5日間無料メール講座

<1日目> 全ての成功には法則がある!
<2日目> 業界が不況の時こそチャンスがある!
<3日目> 実績を作る!ファンを増やそう!
<4日目> 実績を作る!CDを売ろう!
<5日目> メジャーだけが成功じゃない!
姓: 名:  メールアドレス:

新聞広告にも掲載!↓スポーツニッポンさん、西日本新聞さんなど感謝!

 

購入者の声

杉村さんこんにちは♪
先日"音楽業界攻略法"を購入させて頂きましたヨネモトです。
まだざっくりとではありますが読ませて頂きました。
読んでいくうちに、なるほどなるほどと頷きながら読んでいきました。

一言『素晴らしいです!』
地に足がついているというかしっかりしたものであると思います。
ありがとうございます!(買ってよかったv)
ライブとWEBのお話はアイタタといった感じで身に余る思いがあり『まさにその通りです』と心の中で言ってしまいました。
いかに効率悪い事やっていたのかと.......(トホホ 笑)
何十年とバンドやってきたのにCDに流通に関しては全くもって無知の状態でした(爆)


ごっちゃになってた僕の頭の中がこれで整理することができました。
もっともっと熟読して後は実践あるのみです。
やることがいっぱいありますが、できることから一つ一つ実行に移して頑張りたいと思います。
自力で這い上がるってかっこいいですよね。
やる気マンマンです。

ちょっといま興奮気味でありますので、うまく文章まとめられず申し訳ないのですが、御礼を伝えたくてメールさせて頂きました。
今後お世話になることもあるかもしれませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。

(米本様)
http://www.tbaag.com/

はじめまして!!○○○(※お名前は伏せさせていただきました)というバンドのギタリストです!!
この書物を読んだあと、今まで「なんて無駄な時間を過ごしてきたんだろう」と地団駄踏みたい気分になりました。
どんな書物よりも身近で、なによりもすごく合理的な点にホントに驚きました!!
これであとは自分の腕を磨くだけになりました、ありがとうございます!!
(神奈川県/A様)

こんにちは。昨日音楽業界攻略法を購入したT(※お名前は伏せさせていただきました)と言います。
読み始めると夢中になって、一日徹夜で読破してしまいました。
これを読むまで私は、音楽で食べていこうと思ったら絶対メジャーにならないと食べていけないし、インディーズでやるにしてもそれなりに大きなレーベルに入らなければやっていけないものだと信じ込んでいました。
そして、大手のオーディションに受かりメジャーデビューさえすれば、ミュージシャンとして成功できるものだと思っていまいた。
おそらく多くの人がこのような考えを持っていると思います。私もその一人でした。

しかしその一般的な大きな偏見が、いつまでたっても道が開けない原因であることに気付かされました。自分なりにきちんと計画を立ててやっていたつもりでしたが、力の入れ所が間違っていたようです。
レーベルに所属せず全くの個人であっても、メジャーに勝る程の成功を手にすることができるのだと、 道理にかなった地道な努力をすれば、実力のある人は必ず然るべき評価を受けられるのであるということに心底励まされました。心を入れ替えて改めて、攻略法に書かれていた方法を実践していきたいと思います。

逆に言えば、これを全部実践してみてそれでも開花しなければ、向いていないのだとすっぱり諦めもつくものです。
とりあえず自分を信じてもう一度がんばってみようと思いました。

人生を変える程のすばらしい書を、こんなに破格で提供していただき本当にありがとうございました。
あなた様は報われない音楽家の救世主であると思います。

この恩に報いるために絶対成功を勝ち取ってみせます。
今後ネット流通などの攻略法などが出ることを密かに期待してます。 それでは長くなりましたがこの辺りで失礼します。
本当にありがとうございました。
(T様)

音楽業界攻略法を2回読んだところですが、正直、あまりこのノウハウを広めないでほしいです(笑)
以前から、絶対自分で音楽活動をやっていく!と思っていたのですが、このノウハウは恐ろしすぎるほど具体的な戦略が書かれていて、少し焦りました。
自分の曲をどのようにして世間に広めていくか、、、そんな悩みが一瞬で吹き飛びましたよ!
このノウハウに出会えたことを心から感謝します!!
いつかメジャーシーンで会いましょう(笑)
(大阪府/Y様)

こんにちは、読みました。ぶっちゃけ、ファイルを開くまで、信じていませんでした(笑)
どうせお金振り込んでもメールこないんだろ、とか思ってました。購入したのは、親に内緒でバイトしたお金だし、大っぴらに使えないから、別にむだになってもしょうがないやと思って駄目もとくらいの気持でした。
でも、ファイルを開いてびっくりしました。
まず、表示までが重い重い^^;こんなに量あるのー?!そんなに詳しいのー?!みたいな気持ちでした。
内容は、もう、なるほどの連続でした。知らなかった事だらけでした。成功するためのノウハウだけじゃなくて、やる気とかももらった気がしました。読み返すほど、どんどんやらなくっちゃと思えます。
どうもありがとうございました。信じて良かったです。
(K様)

音楽業界攻略法読ませて頂きました。
実はウチ自身も書いてあった事の7割程度は戦略として見えていてディストリビューターを通してCDはインディーズで発売していたのですがその後の広報活動で八方ふさがりになっていました。
しかし音楽業界攻略法を読んで今までの自分のやり方や考え方が間違っていなかった事を確信したので、今後は確信を持って行動して、かつ今まで行動してみようと思ってもどこか躊躇して行動していなかった事も自信を持ってやってみようと思います。
先のビジョンがはっきりしたので後は行動あるのみ、という感じです。ありがとうございました!
(T様)


↑みんなありがとう!!





私には夢があります。
それは、才能があるアーティストを埋もれさせないことです。
アーティストが自由に活動し、自由に成功する世界を作ることです。
もしあなたが「絶対に夢を叶えたい」「音楽で成功したい」「自分には才能がある」と思っているなら、私にあなたの時間を10分だけください。
10分であなたの悩みを解決し、成功へと導くことができるかもしれません。

既に多くの方が成功への階段を登り始めています。
あなたも自分の力で成功へと向かう音楽侍になりませんか?





あなたにはこんな悩みがありませんか?

悩み

また、あなたにはこんな願いがありませんか?

目標

おそらく、これを見ているあなたは、上記のいずれか、もしくは似たような悩みや願いを持っているはずです。

しかし、それら全てが自分の力で解決できるとしたら・・・。



音楽業界攻略法とは?

アーティストの皆さん、はじめまして。
インディーズ下克上の杉村と申します。

インディーズ下克上は2004年からスタートし、アーティストの音楽活動をサポートする目的を持って、この「音楽業界攻略法」という インディーズ音楽活動マニュアルを1400組以上にご提供してきました。


私は小さなインディーズレーベルをはじめ、リハーサルスタジオの運営を行い、現在はインターネットを音楽プロモーションに利用できるようITビジネスの世界で活動しています。


本書は、

「これから音楽活動をしていきたい!」
「どうやって活動していけばいいのか分からない!」
「活動がうまくいかない!」

という初心者・中級者のアマチュアアーティストのために、メジャーデビューする方法、もしくは円滑にインディーズ活動する方法を、多くのマニュアルとノウハウ、さらには役立つデータベースを軸に掲載したインディーズ活動マニュアルです。

「え?メジャーデビューする方法?なんか怪しい!」

そう思った方も多いでしょう。笑)
しかし、怪しいものではありません。
論理的で賢明な方向性としてメジャーデビューに向かう方法を紹介しております。


本書のコンセプトは、


「自分の力でインディーズ活動で実積を挙げて、メジャーデビューするための材料にする。もしくは、そのままインディーズ活動で成功する」


というものです。


あまり難しく考える必要はありません。

後で詳しく説明しますが、簡単に言うと、

順序


という工程を、運や他人に頼らず、自分の力でやろう!
ということです。
運や他人に頼らないというところがポイントです。

どれだけ待っていたって、チャンスは向こうからノコノコとやって来たりしません。
それならば、自分の力で前に進もうじゃないですか!
その、自力で活動する真のインディーズアーティストのことを当サイトでは
音楽侍と定義しました。(勝手に)

向かう場所は人それぞれで構いません。
メジャーデビューを目指すのも良し、インディーズで活動を続けるのも良し。
一応、本書では、目標をメジャーデビューとしていますが、もっと大きな目標として、企業の手を借りずにアーティストだけで作る音楽シーンを作り、下剋上を起こすこととしています。


はじめに誤解がないように断っておきますが、本書はメジャーデビューを約束するものでも、音楽活動での成功を保証するものでもありません。
それを保証したとしたら、それは詐欺です。
詐欺師が書いたものなんて読んでも意味がないですよね?笑)
だから保証はできません。

それと、本書は「必勝法」でも「裏技」でも「裏情報」でもありません。
「こうすれば絶対に誰でもメジャーデビューできる!」なんて言いません。
そういう詐欺商品を求めているなら他に行って下さい。笑)


はい。
じゃ、ここまで聞いて、「なぁ〜んだ。誰でもデビューできるわけじゃないんだ?」「興味ない!」「うさん臭いからこんなとこ嫌だ!」
という人はどんどん帰ってくださーい。
はーい。さようならー。
ポチっとブラウザ閉じて!
どんどん閉じて!
別に私はこのサイトの商品を買ってもらわなくても、ま〜ったく困りませんのでどうぞご自由に!



あ、まだ読んでます?

帰らなくてだいじょうぶですか?
門限とかだいじょうぶですか?
ホントに興味あります?
まだ読みます?帰るなら今ですよ。

いいですか?

いいんですね?



はい!

おめでとうございます!

あなたは今、音楽侍になるための一歩を踏み出しました!
そうです!待っていてもしょうがありません!
自分の力で進んでいきましょう!
音楽侍になる門出を祝福します。
おめでとうございます!

どうやらあなたはかなり賢明な方のようです。
自分の力で努力をし、自分の実力を磨き、自分の活動に役立てる材料が欲しい!
そんなあなたに是非とも音楽業界攻略法を手にしていただきたいと思います。


それでは、ここまで読んでいる方だけに特別に
どうしたらデビューできるのか、音楽業界攻略法とは何なのか、少しずつお話していきましょう。


偶然プロになる人、必然的にプロになる人

本書はインディーズ活動マニュアルですので、自分の活動に役立てるつもりの方やインディーズでの成功をお望みの方はこの項目は不要ですから、読み飛ばしちゃって下さい。


私は音楽学校を卒業後、音楽業界に携わり、インディーズレーベル、スタジオ運営、web制作、オンラインショップ、インターネットマーケターなど様々な仕事を経験してきましたが、その中で出会ったアマチュアミュージシャン達はどうやったらプロになれるのかを誰も知りませんでした。

彼らは闇雲に活動をし、音楽関係者に自分を見つけてもらうのに必死になっていましたが、誰も確信を持って「こうやったらプロになれると思うから、自分はそれを重視して活動しています」とは言っていませんでした。

彼らが言っていたのは

「練習をする」
「良い曲を作る」
「デモテープを作ってレコード会社に送る」
「オーディション」
「コンテスト」
「ライブ活動」

などを頑張っているとのことです。

しかし、

「練習をする」
練習は誰でもしています。

「良い曲を作る」
当然です。しかし、良い曲かどうかを判断するのはあなたではありません。聴く人です。良い曲であれば必ず売れると思いますか?実際に良い曲が埋もれているのを見たことがありませんか?その事実を知りながらも良い曲を作っているだけで道が開けると思いますか?

「デモテープを作ってレコード会社に送る」
デモテープを送っても聴かれる可能性自体が低いです。その前に、憧れのアーティストを手掛けたディレクターが全てのデモテープを聴いているのではありません。ちょっとしたスタッフが聴いています。そのスタッフの判断にあなたの将来を任せますか?

「オーディション」
これは優勝させたいアーティスト像というのがあらかじめ決まっています。主催者側が求めているタイプのアーティストしか目もくれません。そんな偶然にかけてみますか?

「コンテスト」
優勝するのが大変です。

「ライブ活動」
お客さん、増えてますか?お客さんを増やす方法を知っていてライブ活動をしていますか?
ライブをしていればいつかはお客さんがついてくれる、いつかは誰かの目にとまる。そんな不確実な可能性にかけてみますか?



もちろん、これらは意味のないものではありません。

例えばたまたま参加したオーディションで、たまたまあなたがオーディション主催者が求めているタイプのアーティストならデビューに漕ぎ着けることができるかもしれません。
しかし、「たまたま」です。
例えばあなたがライブをしている時に偶然そこに来ていたレコード会社の人の耳に止まり、デビューに漕ぎ着けることができるかもしれません。
しかし、「偶然」です。

「チャンス」とはチャンスが来たときに準備ができていることを言います。
ですから、「運」だけではダメです。実力がなければチャンスをモノにすることはできません。

しかし、実力がある人、準備が出来ている人に足りないのは「運」だけではないですか?

「実力があればデビューできる」

そんなことは全くもってありません。
私は実力があるのにチャンスに恵まれず、夢破れていったアーティストをたくさん見てきました。

そのことから、どれだけ「運」が重要なのかが分かりますよね?

しかし、運は運です。

誰にでも確実に来るものではありません。

ここで言う「運」とは

「他人の判断」のことです。

「他人の判断」とはあなたの努力ではどうしようもないところにあります。

そんな曖昧なものにあなたの夢を任せてしまっていいのでしょうか?



これらの話の中で、「実力があるだけではダメ」「運(チャンス)に頼っているだけではダメ」
ということがお分かりいただけたと思います。

ではどうすればよいか?


発想転換してみましょう。

どうやったらプロになれるかではなく、「どんな人がプロになれるか?」を考えてみます。

業界側はどんな人を求めているのか、

良い歌詞を書く人?
パフォーマンスがカッコよい人?
ルックスが良い人?
若い人?

いえいえ。
そういう具体的なことではありません。
それに、そういうそのアーティストにとってウリの部分は人それぞれ違いますからね。

ではどういうことか?

プロになる人は、2種類のアーティストがいます。

1つは、偶然的にプロになる人。
つまり、チャンスが来て、そのチャンスをモノにする準備が出来ていたアーティストのことです。
偶然という言い方は悪いかもしれませんが、「チャンスが来る」という状態自体は偶然のことのほうが多いのでそういった言い方をさせていただきます。

もう1つは必然的にプロになる人。
これが重要です。
必然的というのは、自分の力でチャンスを作るということです。
当サイトが勧めている音楽侍はこちらの種類になります。


それでは、必然的にプロになる人とはどんな人なのか?

必然的にプロになる人には共通点があります。

その共通点とは、絶対的に業界が求めている「あるモノ」を持っていることです。

その「あるモノ」とは、ズバリ!



実績
です。


そうです。
インディーズでの人気、ライブ動員数、自主制作CDの売り上げという「実積」です。
それらがあれば、必然的にプロになるアーティストになれるのです。


例えば、Aという無名の小さな会社が素晴らしい新商品を開発したとしましょう。
その商品をBという大手のデパートに扱ってもらえないかお願いします。
しかし、Aは無名の会社ですし、商品も素晴らしいとは言え、新商品のため無名で、売れるかどうか分かりません。
当然、デパートBはAの新商品を取り扱うリスクを恐れ、取り扱いを断ります。
しかし、Aが実積がある有名な会社だったら?
いや、せめて、Aの商品が「絶対に売れる」と分かっていたらどうでしょう?
例えば、Aが新商品を小規模なテスト販売で、かなり販売できたとします。
すると、その販売実績を見て、デパートBは「テスト販売で売れたなら、うちで大々的に取り扱ったらもっと売れる」と思いますよね?
そのテスト販売が「実積」です。音楽活動で言えばインディーズということになります。


つまり、デビューするには、インディーズで実績を作ることです。
実績を作ればチャンスが勝手にやって来ます。


そのため、音楽業界攻略法ではインディーズ活動のノウハウを提供しています。
インディーズは自分で行動するため、天に運に任せることはありません。
オーディションやコンテストより、インディーズ活動が重要なのです!


「メジャーデビューする方法」というのは、いきなりそれが実現できるとかではなく、
インディーズ(アマチュア)として頑張って活動した後の1つの結果に過ぎないということを了解いただきたいと思います。
もちろん、インディーズで活動していくのは相当な努力が必要だし、その後メジャーになるのにも実力と行動力が必要です。
「この方法を使えばアっという間に成功が!」なんて必殺技はありません。


しかし、「実積を作って、メジャーに売り込もう」と計画的に考えて音楽活動をしている人はいません。

これを知って実績を作ることに計画性を持たせただけでも、効率的な活動になることは間違いないでしょう。


それでは、どうすればインディーズでの実積が作れるのか?少しずつお話していきましょう。


実績を作るとは?

インディーズでの実積とは具体的に言うと、ライブ動員数と自主制作CDの売り上げです。

ライブの動員数を増やすって?
自主制作CDを売るって?

そんなこと自分でできんの?

と思われる方も多いでしょう。

だいじょうぶです。
あなたに実力があり、努力が出来るのであれば、あとは全て

科学

がなんとかしてくれます。

はぁ?科学?

そうです。

ライブの動員を増やすのも、CDを売るのも科学です。

成功事例の共通点を見つけ、成功するための法則を論理的に編み出すのです。

本書では、その論理的、実践的な方法論(私が言うところの科学)が書かれています。


例えばあなたが何かのお店を開いたとしましょう。
あなたはそのお店にある商品をたくさん売らなければ成りません。
あなたはどうしますか?

1、商品を良くする
2、うまく宣伝をして多くのお客さんにお店に来てもらう
3、買ってもらったお客さんに再度買ってもらえるようにうまく工夫をする

実は、お店で売り上げを増やすにはこれら全てが必要なことなのです。

しかし、これを音楽活動に当てはめると、この3つができていないアマチュアアーティストがほとんどなのです。

アーティストのほとんどが、「1」の「商品を良くする」しか意識していません。
つまり、「自分のやっている音楽を良くする。(音楽の実力をつける)」という部分だけしかやれていないのです。

しかし、いくら良い商品(音楽)だとしても、売れていきません。

なぜなら、うまく宣伝をしなければ、お店にお客さんが来ないからです。
つまり、商品を手にするお客さんがいないのです。

音楽活動に置き換えれば、

ライブにお客さんが来ないのに内容を良くしてもお客さんは増えない。
CDを試聴してくれる人がいないのに、CDの中身を良くしてもCDは買われない。

ということです。
これは悪循環ですね。

実積を作るのに商品の良さが一番重要なわけではありません。
もちろん、商品の良さは必要ですよ?
でも、「実績を作る」という点では一番重要なわけではないのです。



商品(音楽)を良くするだけでなく、「売り方(方法論)」を意識しなければいけないのです。


そのために、音楽業界攻略法では、インディーズ活動をしていく論理的・実践的な方法論をお伝えしています。

では、その音楽業界攻略法とは、具体的にどんなものなのか、説明していきましょう!



インディーズ活動マニュアルとは?

『ミュージシャン、アーティスト、作曲家のためのインターネット・プロモーション完全ガイド』(The Complete Guide to Internet Promotions for Musicians, Artists and Songwriters)という本がアメリカで出版されています。

私は日本にもこういった書籍があればいいのにと思いました。
アマチュアの音楽活動に的を絞ったガイドブック。
集客術やセールス法、プロモーション方法、インターネット活用法、など
アマチュアの活動に実践的なノウハウが詰め込まれたガイドブックが。

そして、アーティスト活動について書いてある本を探しました。
でも、探したことがある方ならご存知の通り、そこまで本格的な「活動に関する」ガイドブックはありませんでした。

演奏技術や著作権についての本があるのに、活動に関しての本が無い。
不思議です。

ならば、と私が作ることにしました。
作ると決めたとき、私は小さな個人レーベルを営み、非営利目的のスタジオを運営していましたが、そこまで詳しく人に教える自信はありませんでした。
そこで、音楽ビジネスの勉強をしながら、身近なところで知り合いのリハーサルスタジオの経営者の方、ライブハウスのオーナー、インディーズレーベルのアーティスト担当である知人に話を聞きに行きました。

こうして、少しずつ様々な関係者の方に協力していただき、私が文章をまとめ上げ、私のレーベル活動で使っていた業界データベースをプラスしてインディーズ下剋上の第一弾商品である「音楽業界攻略法」が完成しました。




「音楽業界攻略法」にはインディーズ活動していくにあたって必要なことが書かれています。




などなど、

しかし、これらの行動を起こすのに、多額の資金が必要であったり、多くの人員が必要であったり、特殊なコネクションが必要であったり、膨大な時間が必要であったりしては、活用できませんよね?
音楽業界の仕組みを説明し、教えただけでは何にもならないのです。
なぜなら、それと同じことを一個人であるアマチュアアーティストが単独でできるわけがないからです。

ですから「音楽業界攻略法」では、これらを、どのような個人にでも可能な方法に置き換えて書かれています。

しかし、「誰にでもできる」とは言いません。
なぜなら、活動するには「やる気」が必要だからです。
「やる気」の無い人にでも簡単にできることなど書かれていません。


さらに、「音楽業界攻略法」は、それらのノウハウに加えて、
活動していくうえで必要なアマチュア&インディーズの音楽活動に役立つ業務用「音楽業界データベース」を掲載しています。


・デモテープ・CD委託販売可のショップ 17件
・全国インディーズCD取扱CDショップ 143件
・有料音楽配信/デジタルコンテンツ販売できるサイト 6件
・CDプレス会社 23件
・ディストリビューター 35件
・テレビ局 19件
・FMラジオ局 57件
・AMラジオ局 49件
・インディーズラジオ番組 20件
・音楽番組制作会社 33件
・音楽関連誌 16件
・フリーペーパー・ミニコミ 14件
・音楽サイト専門検索エンジン 29件
・インディーズ支援サイト 91件
・インディーズ専門レーベル 52件
・一般レコード会社(インディーズ含む) 214件
・クラブ系レーベル 47件
・大手レコード会社 21件
・プロダクション/音楽出版社 436件

※情報は古くなるので掲載件数の保証は出来ません(2004年時のリストになります)


これら、レーベル関係者が使う音楽業界データベースのURLを掲載しています。
しかも、これらの一部は音楽業界誌のデータベースより多いものもあります。
もちろん、このデータベースは完全オリジナルです。
どこに行っても同じものはございません。
私が、仕事のために長年にわたり集めてきたデータです。


これだけのノウハウを自分で得ようとすれば、私と同じように時間をかけ、お金をかけ、遠回りしなければなりません。

それにはどれだけのお金がかかるでしょう?

また、これだけのデータを集めるのにどれだけの時間がかかると思いますか?
数ヶ月?数年?
その費やした時間を全て合わせたら何時間費やしたことになると思いますか?
数百時間?千時間以上?
それだけの時間があったら何が出来るでしょう?
本を読んでいたら百冊以上は読めるでしょう。
バイトでもしていたとしたら数百万円稼げたことになります。
そんな時間があったらもっと練習できますよね。良い曲を作る時間にもあてられます。




その結晶を

やる気のあるあなたに、
音楽で生きていこうと真剣に考えているあなたに、
夢を現実にしようというあなたに、
実力のあるあなたに、
若いあなたに、
自分の力で頑張るというあなただけに、


提供したいと思います。

本書があなたの音楽活動の何かヒントやキッカケになれば幸いです!




正直、これらのノウハウやデータベースを公開することに非常に悩みました。

あれだけ苦労して得たものを簡単に人に教えてもいいのだろうか?
関係者からのバッシングはないだろうか?
勘違いしたお客から「買ったのにメジャーデビューできないじゃないか!」とバカなクレームが来るのではないか?
思い違いした人から「胡散臭い」「あそこはインチキだ」などとネットで晒されるのではないだろうか?

などなど。

しかし、これから活動していこうという方、活動がうまくいかない方のため、
全てはアマチュアの発展のため、公開を決意いたしました。


ですから、本気の人にしか販売したいと思っていません。

「自分の活動に役立てたい!」

という一生懸命な方だけに販売します。

冷やかし目的、面白そうだから、なんとなく、、、

そんな人は絶対に買わないで下さい!!!!


当サイトは真剣にやっています。
ですから、真剣な方にだけ販売したいと思います。

誰にでも音楽侍の地図である音楽業界攻略法を読んで欲しいとは思いません。

インディーズ下剋上は真剣なアーティストを応援します。
本書を自分の活動に役立てようという意志のある方、そういった真剣なアーティストの方、どうぞ宜しくお願いいたします。


推薦者

この商品を怪しいと思っているあなた、気持ちは分かります。

でも本当に、真剣に音楽で夢を実現したいなら、
買った方がいい。

俺はメジャーには興味ない、そんな人も含め、
音楽をやっている人、関係者、全てにとって有益な情報だと断言できる。

いつまでもインディペンデントであり続けたい。
業界に風穴を開けたい。
音楽をアーティストの手に取り戻す。
未来は自分達の手で創る。


ぼくはそんな思いを形にするべく活動しているアーティストです。

だからこそ、この杉村さんの活動には大義を感じるのだ。

僕はアーティストとして活動する中で、特にレーベルやプロダクションには資金面はもちろんなのですが、 こういったノウハウを提供して欲しいとずっと思っていました。
それが手を組む一番のメリットだと思っていたんですが…


しかしこのようなノウハウをここまで提供してくれるレーベルやプロダクションはありませんでした。
知らない、もしくは知っていても体系化出来ていない、
あるいは教えてくれない。


実際のところ知っていることも多かったのですが、それらは自ら足を運び、土足で遠慮もなくかき集めた情報。
プレス会社の社長やレコード店の店長、レーベル、プロダクション関係者など。

音楽学校などを出ていない自分には、つてもあてもなく、
とてつもない長い時間とトライ&エラーの繰り返し、更にお金もかけ、
それは知識としてというよりは、経験した成果としてやっと分かってきたことでした。
もし数年前にこの商品を手にしていたらと思うと本当に泣けてきます。


そしてそれらの自分が持つリアルな情報や経験と照らし合わせた時、確信に変わりました。
迷っていたこと、半信半疑だったこと。
これらのことが確信に変わるというだけでも、とてつもない価値のあることです!


もちろん新しい発見もたくさんありました!
知らないデータもあり、このデータベースだけでも時間と労力の短縮、そして価値のあるものです!


僕もこういった内容の関連書籍には目を通してきたつもりです。
しかし何故かこのようには書かれていないのです。
リアルじゃないんです。
そしてこの攻略法はリアルなんです。

小手先の方法論ではなく(そういった情報も満載!)
今のシーンに即した大きな本質を捉えています。
これを知るか知らないかではとんでもない差になります!


また音楽関係者でなくとも得るもの、学ぶべきものがたくさんある、
良いものとはそういうものです。


前述したとおり大義も感じるし、心から感謝している自分がいる
だから実名で推薦出来ます。
見ている人の中には何人か関係者の方もいるかも知れませんね。



未確認飛行部隊 小林秀雄




著者プロフィール

杉村 崇
マーケティングコンサルテーション、インディーズ支援関連の音楽ビジネスをしています。 ウェブプランナー、リハーサルスタジオ&インディーズレーベルオーナーという経歴を活かし、 自分でアーティストを育てるより多くのアーティストの役に立ちたいと思ってインディーズ下克上をはじめました。 インディーズ下克上で販売しているアマチュア向け音楽活動マニュアル「音楽業界攻略法」は累計1400人に購読され、無料メール講座の読者は5000人を超えました。
今後も実力のある無名アーティストの音楽活動を応援したいと思っています。よろしくお願いします。

<運営サービス>
●SNS「インディーズネットワーク」
●ショッピングモール「Shop Walker」

<最近の主なお仕事>
●占い付きSNSココロプラネットの二次開発プロデュース
●SNSが誰でも作れるアンビィー(前取締役副社長)


商品内容

目次内容


*この教材及びデータ集は2004年に制作されました。

「音楽業界攻略法」はA4用紙109ページのPDF形式の電子書籍教材です。パソコンを利用してご覧頂けます。

PDFファイルの利用には無料ソフトAcrobat Readerが必要です。
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html


「音楽業界データベース」はHTML形式のリンク集です。ブラウザを使ってご覧いただけます。(今現在、このホームページをご覧になっているなら新しいソフトのインストールは不要です)

*商品ファイルはZIP形式に圧縮されています。
ファイルが開けない場合はこちらの無料ソフトをお使い下さい。


冊子版
*冊子版は購入時に「通販」を選択して下さい。商品代金プラス3000円(送料・印刷代)になります。
*音楽業界データベースはリンク集という性質から冊子にしても使い勝手が悪いのでHTML形式しか用意していませんが、冊子版でも後から音楽業界データベースをダウンロード可能です。

注意事項

商品はPDFとHTMLのダウンロード形式冊子版から選べます。

商品はデータのため返品・返金はできません。

■本書はデモテープの作り方やライブパフォーマンスについてなどの技術的なことは書かれておりません。

■この商品がデビューを約束してくれると思っている方は購入しないで下さい。

■本書を手にしたとしてもある程度は自分で調べたりする努力が必要になるかもしれません。1から手取り足取り子供のように手ほどきして教わらないと何も出来ないという人は購入しないようにお願いします。

■この商品は著作権で保護されています。転載・転売目的の購入はおやめ下さい。


こういう人は買わないで下さい

■上級者ですが、面白そうなネタなので買います。
■これは裏情報ですよね?
■これ買えばデビューを約束してくれるんですよね?
■これがあれば誰でもデビューできますね!
■自分の才能が信じられないんですけど。
■手取り足取り教わらないと何も出来ません。
■夢のために努力をするのはカッコ悪いぜ。
■自分の人生なんて、結局は運に頼るしかないよな。
■買ってすぐに効果が出なかったらすぐに返品してやる。
■どうせこれからだって何も変わらないよ。

↑こういう考えの方には販売をお断りしています。

価格について


価格
*冊子版はプラス3000円(送料・印刷代)になります。

お申し込み

ご購入は、クレジットカード 銀行振込・郵便振替 コンビニ決済 BitCashが利用できます。
クレジット決済の場合はお申し込み後すぐに商品をダウンロードいただけます。銀行振込・郵便振替 コンビニ決済の場合はお申し込み後に送られてくるメールにしたがって、代金をお振り込みいただき、確認次第、商品のダウンロードが可能になります。





申込はこちら

*冊子版はオンライン通販(冊子・DVD等の配送物)を選択して下さい。


ご質問:info@ongaku-seikou.que.jp


特定商取引法に基づく表記

copyright 2007 インディーズ下克上. All rights reserved