5日間無料メール講座

<1日目> ライブの目的が間違っている!
<2日目> 頑張らなくてもライブを観てくれるお客さんを見つけよう!
<3日目> ライブをやればやるほど損をしている!
<4日目> ファンを増やすお得な方法とは?
<5日目> 3ヶ月でお客ゼロから58枚のチケットを売った方法
姓: 名:  メールアドレス:




購入者の声

●Massさま
http://www.scn-net.ne.jp/~mass-ban/

自分の告知方法がいかに間違っていたか…

背筋が凍りました。


具体的なノウハウが書いてあり、非常に助かります。

あまりにも情報が多い為、消化不良しないか心配なくらいです…。


●大竹さま
http://www.myspace.com/folkiemusicryuji
教材2冊同時購入し、無料講座は後から読んだ大竹と申します。今回は読み終えた後、頭をガーンと殴られたきがして、3〜4時間ボーっとしてしまいました。

 大々的に売れなくてもファンがいれば音楽活動を続けられることや、どうやってファンを増やせば良いのか、その仕組みを作る方法がたいへんためになりました。

 アーティストがファンを増やす事の意義は自分の経済のためでもあるが、既にいる「ファンの人生のため」であると私は思います。  

 ファン心理のサイクルからして、支持しているアーティストのファンの数が増える→自分の仲間が増える→自分の音楽評価能力の客観的証明となる→自己信頼能力の向上感を味わえる→自信をもって社会生活を送れるようになる→幸福感に包まれた人生となる。

ファンのためとはわかっちゃいるが、ファンが増えなきゃ自己破産。

杉村さま、そしてこの下克上に関わるみなさま、今後ともこの大馬鹿野朗・大竹をよろしく御注目お願いいたします。

41歳、当然独身、まだまだやるぞ!三十路を越えた輩たちよ!俺を見てみていてくれ!

簡単に夢を捨てんじゃねぇぞ!

●Dorothy Mikikoさま
http://dorothymikiko.com/

200%満足しています。
ライブのやり方が全く違ってきますね。

音楽攻略法のときに「具体的にどうやったらいいかな」
と考えていたことがすべて書いてあります。

これを色々応用したら
無限大の可能性が出てきそうです。

絶対にスター★になって、恩返しします。

●Three Bullets and a Gun 米本さま
http://www.tbaag.com/

インディーズアーティストを救えるのはスギムーさんしかいません(笑)
下克上って気持ちいいもんです。

メジャーに大きな風穴あけてやりたいです(過激)

僕も引退したらスギムーさん同様に、困っているインディーズアーティスト達をフォローしていく側にまわりたいと思っています。


推薦者の加藤一郎さんが述べています。

------
「自分達は、音楽を趣味でやっているのではない」
「自分の音楽を真剣に多くの人に伝えたい!」
そう本気で思っている人は、
良い作品を作っているだけでは絶対に足りないのです。
広めなければいけないのです。
------

ライブ集客攻略法はこの"広め方"について、誰にでも、わかりやすく、丁寧に書かれています。
攻守走三拍子揃ってます(笑)
資金も時間も人脈も限られた、いわゆる弱者であろうインディーズアーティストにとって最も心強い味方となるはずです。

やる、やらないも重要だと思いますが、その前に"知る"というのも一つのポイントになるのではないかと。。

『ライブ集客攻略法』知る、知らないとではあまりにも差が開いて......


オススメ◎ m(_ _)m haha〜♪

●西川慶さま
http://www11.ocn.ne.jp/~kei37130/

前作、音楽業界攻略法に引き続いての力作でした。
大変分かりやすく多くのインディーズを目指す音楽家たちにとっての道しるべとなっています。

今の世にふさわしくインターネットを駆使する方策がすばらしい。
きっと多くのミュージッシャンに勇気を与えた事でしょう。

これまで私が自分なりにおぼろげに考えていた事が具現化されている点が多くあり大変参考になります。

私は本年古稀を迎えた70歳のヴォーカリストです。得意はラテンですが、今では合わせて1950年から60年代のポピュラーや映画音楽それに日本童謡唱歌も歌っています。

このためにここ10年以上年に数回のライブやコンサートを自分のプロデュースで行ってきました。今年も5月と7月に行います。

こういった経験からしても杉村さんの力作は大いに参考になります。

●武本さま

いつも杉村さんからの情報を楽しく拝見しています。

インターネットというものができたときに、「これをうまく活かして いけば私が思い描く人生が手に入れられるかもしれない」と思いました。
だけど、実際トライ&エラーを繰り返すのはものすごい手間と労力が かかります。
もちろん経るべき手間は惜しみませんが、どうしても 人間ですからショートカットできるところがあったらいいのに・・・と 思うこともあります。

そのときに杉村さんの「インディーズ下克上」と出会いました。 これだ!と思いました。

「音楽業界攻略法」「ライブ集客攻略法」、そして普段送ってくださ っているメールマガジン・・・なるほど、こうやってネットの世界で ファンを増やしているのだな、と。
杉村さんの普段なさっていることは、攻略法に書かれていることの 体現なのだな、と今回強く感じました。

そしてリアルな世界であれ、バーチャルな世界であれ、共通している のは「やるべきことをきちんとやること」なのだと思います。
まだまだわたしは行動が伴っていませんが、少しずつキャッチアップ してわたしたちの音楽をたくさんの人に伝えていきたいと思います。 で、それで豊かになります。(笑)

これからも楽しみにしています。いつもありがとうございます。

●岩波さま

杉村さん、はじめまして!

ライブ集客攻略法を購入した数日後にちょうどライブを控えていた為、早速いくつか試してみました。

まずは、今まで送っていた単なる「ライブ告知」をやめてライブ集客攻略法に書かれている告知方法にしてみた所、 しばらく返信のなかった方から突然の返信があったり、見込み客のままだったお客さんが突然ライブに来てくれました。

そして、ライブでの●●もライブ集客攻略法に書かれているようににしてみた所、新しく見込み客のメールアドレスもゲット出来ました。

早速、効果が確認出来て、今ものすごくやる気が満ち溢れてきてます。

今後は路上ライブ&●●を中心に、さらに実践していこうと考えてます。

ありがとうございました!

●Tekilo 原さま

全てにおいて具体的に書かれており、行動に移しやすいし、行動する気になる。

誰にでも今すぐに出来る事、とゆう目線でのみ書かれているので、落胆することなく最後まで読める。

今の世の中で何のコネもない無名なアマチュアアーティストにとって、唯一の参考書となるものだと思う。

●福永さま

この度、購入させていただて、一日で読み終えました!活動に行き詰まっていたので必死でした。一つ一つやり方を丁寧に教えていただけたので、早速実行しています!効果が出次第、すぐに報告させていただきます!ありがとうございました!

●竹之内さま

最初から最後まで、しかも進め方なども丁寧に書いてありすごいです。

またオンライン、オフラインの両方から、隙間をうめていくように色々なやり方が載っているので、幅がめちゃくちゃ広いと思いました。

前回同様、素晴らしい出来だと思っております。

●雀部さま

非常に分かりやすく整理されているだけでなく、杉村さんの熱い思いが伝わってくるようでした。

後は実践するだけですね。

これまでとはライブのやり方が大きく変わっていくとおもいます。

●中島さま

さすがスギムーさん!
なんかファンになっちゃいそうです!

自分なりに解釈して実践あるのみですね!

●渡辺さま

そもそもの「ライブの目的」から入って、不確定要素を徹底排除した取り組み方・考え方が要点を絞って大変分かりやすく説明してあります。

「音楽業界攻略法」や他の教材よりも敷居を下げつつ、あくまで実践的で中身の濃い内容となっていることに大満足です。

早速、一から実行して行こうと思います!

●山浦さま

いつも期待以上です。

・マーケティングという概念の勉強になる。「戦略」を読んだだけでも、考え方が身につくので、応用がきく。
・ライブの目的など、分かっているようで漠然としていたことに、言葉が与えられていくので、活動の方向性がしっかりとみすえられるようになった。

・効果的な路上ライブの方法など、まったく知らなかったので、同じ路上でも、戦略が色々たてられるんだなあと感心してしまった。
・お客さんの分け方に脱帽です。すごく分かりやすく、実情に即しており、それぞれへのアプローチのしかたを変えることで、ずっと効果的な宣伝ができる。

・●●をもらうための交換条件という考え方は、確かにさまざまな企業がやっていることだった。気付いてなかったなあと思った。
・●●の作り方、配り方は本当に役立ちます。しかもその後のデータの管理、メール配信の方法まで指導していただき、ありがとうございます。

・手に入れた顧客リストは、ただ「お知らせ」のために使うのでは、駄目なんですね。非常に勉強になりました。
・ライブ前に●●で見込み客を増やす方法は、今すぐにでも実行に移せるので助かります。


●高橋さま

早速ライブ集客攻略法を読みました。なるほど、と思うことがたくさんあり勉強になります。
ネットでの集客などは考えたこともなかったので、そんなやり方もあるのか、と驚きました。
これから音楽業界攻略法とライブ集客攻略法を参考に活動していきたいと思ってます。
本当にありがとうございます。

あと攻略法をあまり広めないでほしいです(笑)

●渡辺さま

意外なところに盲点が有りましたね。確かに読んでて「なるほど!」と思う部分が多々有りました。
後は行動のみですね。

こういった攻略本が世に埋もれているアーティストの役に立てば良いと本当におもいました。
これからもこういった攻略本を世に出して行ってください。

●森田さま

『何のためにライブをやるか?』という目的がいままで『ライブをやりたいからやる』というあいまいなものでしたが、具体的な目的を持つことができ戦略的に活動していける道標ができました。
これからはライブをやるにしても漫然とやらずに済みます。ありがとうございました。

●小柳さま

毎回、すばらしい内容をありがとうございます。ここまで書かれたインディーズに関する読み物はどこにもありませんね。

私はバンド形式で音楽をやっているわけではないのですが、とても参考になりました。
このライブ集客攻略法を、自分が今やっているマーケティングにどんどん取り入れていきます。


↑みんなありがとう!!

誰にでも出来るライブ集客術を伝えます


こんにちは。お疲れさまです。
インディーズ下克上の杉村です。

ご無沙汰の方、「いつもメール見てるよ」という方、お馴染の方、
「待ってました!」という方。
そして、はじめましての方。

まずはこのページに来ていただいたことに感謝させて下さい。
ありがとうございます。

頑張っている人たちがいる。
応援しなきゃ!

そんな気持ちでインディーズ下克上を再スタートさせたいという気持ちがどんどん沸いてきました。

音楽業界攻略法を、ずいぶん前に購入された方もいるでしょう。

その中から、色々な活動の報告をいただきました。

CDデビューが決まった方、
オーディションに合格したという方(その後はどうなりましたか?)
プロモーションのやり方が分かったという方、
ラジオの出演が決まったという方、



色々です。


頑張ってくれていてありがとう!


でも、まだうまく行かないという人、もっとうまく行かせたいという人もたくさんいるはずです。
そんな人のために、ライブ集客を加速させるための方法論を全てまとめ上げた「ライブ集客攻略法」を作りました。



ここで、皆さんに謝らなければいけないことがあります。


それは、音楽業界攻略法では伝えきれなかったことがあったということです。


音楽業界攻略法は、ライブ、物販、CD制作、流通、販売、インターネット活用、などなど多岐に渡る音楽活動の項目を全てまとめたものでした。

ですから、広範囲にわたって説明しなければならず、

何をどういった順番で、どう行うか?
という、電化製品の説明書のように段階を追って詳細を説明することができませんでした。


音楽業界攻略法の内容で、様々なことを理解できても、全員が「実行」に移せたかというと、やはり人それぞれの力に委ねるしかなかったのです。


だからこそ、具体的に段階を追って、何をどう考え、どう行えばライブの動員数が増えていくのか?

それを「操作マニュアル」のように、手順を踏めば簡単にできる形で説明する必要性を感じてきました。



簡単に言えば、「まずはペンを用意して下さい。次にこうします。」という具合に具体的に説明するということです。


「ペンを用意します」


と言われれば簡単に用意できますね。



その感覚でライブ集客のやり方を伝えれば実践できると思ったのです。



今回制作した「ライブ集客攻略法」は

操作マニュアル化

を最大限に意識して制作しました。

ライブ集客をするのに何をどんな手順で行うのか、具体的に説明しています。



チケットを売ろうとするほどライブ動員数は増えません


インディーズ下克上のメール読者5000人以上の中から多くの相談を受けています。
その相談内容から、ライブ動員数が増えて行かない人に共通するパターンを見つけました。

それは、「ライブのチケットを売っている」こと。


はじめて名前を聞いたアーティストのライブチケットを買う人はどれだけいるでしょうか?

はじめて知ったということは、お客さんはまだあなたに興味を持つ前の段階です。

興味を持っていないものにお金を払う人はいませんよね?


ライブのチケットをセールスするには、段階を踏まなければなりません。

そのためには企業が行っているマーケティングを理解する必要があります。

「ライブ集客攻略法」では、分かりにくいマーケティングの世界を分かりやすく説明しています。
そして、メジャーのやり方を、無名のアマチュアアーティストに置き換えてあなたでも出来るマーケティングを説明します。


ライブ集客攻略法は、



を意識した内容になっています。


このテーマは日本でどこにも手に入らない内容だと思います。
このテーマを伝えることができるのは自分しかいないと思いました。
また、伝えようと思うのも自分だけだと思いました。



これを良識に欠けたインディーズレーベルの主宰者が把握すると、どんどんお金儲けができてしまいます。


絶対にマーケティングの力を悪用してはいけません。

これは「もっと集客したい」というアーティストのための教科書なんですから。


ゼロからはじめるライブ集客


「ライブ集客攻略法」は、まだなーんにもしていない、まだお客さんがゼロです。 という方こそ最大限に利用できます。

まだ何もはじめていないなら、勝手にお客さんが増えていってしまうやり方でライブ活動をスタートさせることが出来ます。


きっとそんな人は、ライブ集客に困ったことが無いという変わった経験を得るでしょう。


何もしていないということは、ライブ集客に関しての先入観がないので、様々な音楽の知人から仕入れた常識的に思われている情報経験則と本書を比較することもありません。



常識は間違いです。

常識とは多くの人が知っている知識です。
常識が正解なら音楽人口の全てがライブで儲かってます。


経験則は全ての人に当てはまりません。

自分はこうやった。これでうまく行った。
と言っても、その人と同じ状況ではないので、多くは上手く行きません。



問題は「再現性」があるのか?



ライブの集客がうまく行く人というのは、多くのお客さんがいることではありません。

ゼロからでも必ず結果を生みだせる人です。


一度うまく行ったとしても、それを再現することが出来なければ再スタートはできないのです。


「再現性」のあるやり方とは「法則性」があります。

ライブ集客攻略法では、



を説明しています。

これを知ることで、今後の音楽活動が有利になるでしょう。



集客だけでは終わりません


ライブ集客ができても、重要なのはその後です。

集客したリスナーを、どうやってリピートしてライブに来てもらえるファンにして行くのか?
それが最大の問題です。

ファンにさせるには人の心を変えなければいけない。

ライブ集客攻略法ではコンサルタントだけが知っている



を説明しています。


これは悪用すると大変危険なことができてしまいます。
取扱にご注意下さい。


これが全てのライブ集客法です


簡単に「ライブ集客攻略法」について説明してきました。

ライブ集客攻略法で、インディーズのライブ集客の全てが分かります。

「これ以外にあり得ない」

そう思っています。


ライブ集客の考え方である「戦略」
そして、実際に行動に移し替えるテクニックである「戦術」


その全てのノウハウを収録したつもりです。

これでもう二度とインディーズのライブ集客について語る必要はないでしょう。

全てを伝えきりました。




集客の法則に支配されるのか、

集客の法則を支配するのか、



それはあなたの自由です。


モニター参加アーティスト

スリブレ

1999年から活動を続けている彼らは、現在に至るまでそのサウンドを磨き続けてきました。
1年前にメンバーチェンジをし、今まで閉鎖的だったプロモーション展開に着手するも、ライブの動員数に伸び悩んでいたそうです。

そこでインディーズ下克上と出会い、音楽業界攻略法によってライブの考え方が変わり、多くのお客さんの前で演奏できるようになってきたそうですが、ファンを増やす、リピート客をつけて行くという段階でなかなか動員が伸びず困っているという相談を受けました。

彼らに「ライブ集客攻略法」の1つのノウハウをライブの時に試してみるようにアドバイスさせていただきました。
すると、「見込み客ゼロ」のライブから1度のライブでリピーターに繋がる見込み客を10人ペースで獲得できるようになったようです。

これからが楽しみなバンドです!


推薦者

藤田さん

自分の音楽で夢を叶えようとするアーティストの方は必見だと思います。

メジャーでも使われているマーケティング戦略を、インディーズ でも活用できるように実に丁寧に解説がされています。

ここに書いてあることを忠実に実行していけば、きっとファンが 増えていくことでしょう。

自分自身、作詞でデビューするに当たって、無意識にここに書いてあることを実行していたんだと気づきました。

あとは音楽への愛と、行動への情熱あるのみ!


藤田壱久(ふじた・いっきゅう)





加藤さん

『音楽で成功できるのは、ほんの一握りだよ。』

昔からそういわれてきた常識を、ひっくりかえす『科学的なカギ』が、
この教材の中にあります。



私は、普段はネットビジネス専門のコンサルタントをしていますが
この教材は、インディーズミュージシャンだけでなく
一般のビジネスマン、起業家にも読んでいただきたい教材ですね。


なぜなら、「集客」、つまり「人を集める」というテーマは、
音楽業界だけでなく、様々な分野で


永久不変的に必要になるテーマだからです。



ビジネスや軍事戦略・作戦考案にも使用されてきた


●「ランチェスター戦略 第一法則」

●「兵法」


これは、弱者が戦うための洗練された科学的なメソッド。



杉村さんの『ライブ集客法』マニュアルでは、この戦略・戦術メソッドが

「インディーズミュージシャンが集客にどう応用するのか?」

というテーマに変換され、死ぬほど具体的にノウハウ化されています。


しかも、その視点が憎らしいくらいに『美しい』。



例えば


■見込み客は多ければいいという問題ではない
■成約率は商品購入だけのことではない



このあたりの理由は、その辺に転がっているマーケティング本にも
なかなか書かれていないことですね。



このマニュアルでは、ターゲティングの方法論、視点が
芸術的なまでに完璧に仕上がっています。



普通の集客マニュアルや教材であれば、


小手先の戦術だけに偏って、時代が変われば有効でなくなる
方法論だけが書かれていて、非常に賞味期限が短かったり・・



逆に、

戦略だけに偏りすぎて
実践方法はどうすればいいの?という質問に対し
あいまいであったり、無責任な回答しか得られないものがあったり



そんな教材が多々ある中で、このマニュアルは即使えるノウハウから
一生使えるものまで全てが揃っています。




一般書籍なら、『ロングセラー的要素を持っている』といえるでしょう。


『何度も読み返して欲しい教材』


そんな視点で作られている気がしました。

そして、そんなところに杉村さんの愛情と真剣さが込められていますね。




そして、私は、マニュアルの中の、この一文に惚れました。


『そのメールが●●●である必要がある。』


これは死ぬほど重要でありながら、
実は、ビジネスの世界でもこれに気がつかない人が99%なんですよね。




現在、音楽を志していらっしゃる方で、

ソロで活動している人。

バンドマスターになっている人。

の方々には、是非、このマニュアルで身につけていただきたい能力があります。



それは、ミュージシャン、アーティストでありながらも

その音楽、そして自分達を広める『プロデューサー』としての能力です。



では、プロデューサーとは何か?

ビジネスの世界で言えば、商品を考え出し、集客、売上げ、ブランディングの
仕組みを生み出しそれがちゃんとまわっていく


『トータルな設計』ができる人のことです。




「自分達は、音楽を趣味でやっているのではない」

「自分の音楽を真剣に多くの人に伝えたい!」




そう本気で思っている人は、

良い作品を作っているだけでは絶対に足りないのです。

広めなければいけないのです。




それは、お金云々というレベルではなく

良いものを世の中へ広めるという行為は、ひとつの使命だと思います。




大手やメジャーのミュージシャンには、巨大な資本によるバックアップと
プロデューサーがついています。




しかしながら、弱者、いわゆるインディーズのみなさんは

大手のような資本的なバックアップが無い。



だとすれば、



自分の音楽に真剣な人ほど、

この「プロデュース能力、マーケティング能力」をあわせ持ち、
自分達の音楽を世間に広める使命があるわけです。





私も、自分のビジネスセミナーで、よく音楽プロデューサーの例を用います。
例えば、小室哲哉さん、小田和正さん。。。。などなど。

彼らは、優れたミュージシャンであると同時に、
優れたプロデューサーでもあります。

自分の音楽をどのように広めるか、自分がプロデュースする
アーティストやミュージシャンをどのように広め、認識させるか。


そんなプロモーションの技、アイデア、戦略を常に頭の中に
併せ持つ人達です。

だからこそ、成功したのではないでしょうか?


当然、彼らはメジャーであり、強者でありますが、

弱者であっても、これは同じことだと思います。

弱者には、弱者のプロデューサーが必要だと思うのです。



素晴らしい才能も、ほとんどが世間に広まらない。



それには理由があります。



それは、

多くのミュージシャンが、『職人気質』であり、

プロデュース、戦略、マーケティング、セールスという部分が

最も苦手とする分野だったからではないでしょうか。



『音楽で成功できるのは、ほんの一握りだよ。』


昔からそういわれてきた理由は、もしかすると”ここ”にあるのではないか?

と私もコンサルタントとしての視点から仮説を立てています。


しかし、これまで、音楽業界、とくにインディーズの人向けに
専門特化されたノウハウというのが、この世の中では皆無だったわけです。



おそらく、インディーズのプロモーションに専門特化した
戦略、マーケティングノウハウは、日本で唯一、杉村さんの
マニュアルしかないでしょう。


逆に、ノウハウがあまり無い音楽業界で、
この教材で学んだ人だけが、一人勝ちできるという見方もできますね。



『ビジネス』と『音楽』


この両方の視点でノウハウを書けるのは、
ビジネスとしての戦略・戦術理論を頭の中だけでなく、

自らのインターネットマーケッターとしての圧倒的な経験量と
みなさんと同じように、音楽に携わっている杉村さんだからこそ

書けるものだと思います。




このマニュアルが、音楽を志す人の心と、あなたの人生を

動かすものになることは間違いないでしょう。



P.S.
10年以上前、私もミュージシャンを志したことがありました。
そのころに、このマニュアルに出会えていたら・・・。


インターネットマーケッター
ネット策士 加藤一郎

イー・グルーヴ
http://www.egroove.co.jp




著者プロフィール

杉村 崇
マーケティングコンサルテーション、インディーズ支援関連の音楽ビジネスをしています。 ウェブプランナー、リハーサルスタジオ&インディーズレーベルオーナーという経歴を活かし、 自分でアーティストを育てるより多くのアーティストの役に立ちたいと思ってインディーズ下克上をはじめました。 インディーズ下克上で販売している日本初のアマチュア向け音楽活動マニュアル「音楽業界攻略法」は累計1400人に購読され、無料メール講座の読者は5000人を超えました。
今後も実力のある無名アーティストの音楽活動を応援したいと思っています。よろしくお願いします。





「ライブ集客攻略法」はA4用紙191ページのPDF形式の電子書籍教材です。パソコンを利用してご覧頂けます。
「戦略編」「戦術編」「攻略編」の三部構成になっています。


特典

特典内容


※限定価格が終了すると特典の配付は予告無く終了します。
※特典は商品の購入後5日〜6日後にお受け取りいただけます。

価格について

以下はライブ集客ノウハウをいくらで買いますか?という購入希望額のアンケートを取った結果です。



この結果から販売数が少なく、よりサポートを充実できる36000円〜48000円が理想的な販売価格になります。
5人や9人なら完全マンツーマンのサポートもできちゃいます。
そのほうが購入者の目的を早く果たせるのではないかと思います。

ということで、ライブ集客攻略法の定価は48000円にさせていただきます。

となるところですが、音楽業界攻略法から第二弾教材をリリースできたことは、皆さんの励ましによって実現しましたので、「復活記念価格」でご提供させていただきます!

価格

お申し込み

ご購入は、クレジットカード・銀行振込・郵便振替 コンビニ決済 BitCashが利用できます。
クレジット決済の場合はお申し込み後すぐに商品をダウンロードいただけます。銀行振込・郵便振替 コンビニ決済の場合はお申し込み後に送られてくるメールにしたがって、代金をお振り込みいただき、確認次第、商品のダウンロードが可能になります。





申込はこちら




ご質問はこちらからお願いいたします。


特定商取引法に基づく表記

copyright 2007 インディーズ下克上. All rights reserved